記念日にはヴィンテージワインを飲もう

2020年3月12日

今回は記念日ワインの紹介です。

いつもは1,000〜3,000円くらいのワインを飲んでいるよという人も、

お正月、バレンタイン、誕生日、クリスマスなど

お祝いやイベント、記念日のときには

奮発しておいしいワインを探してみては?

 

1本5,000円以上するワインは普段飲みの対象にはなりにくいかと思いますが、

たまに飲むと特別感があって、「あ、やっぱりワインっておいしいな」と感じられます。

飲食店で注文した場合、市販の2〜3倍の金額になることを考えると

「いつもより良いワインを、家でじっくり楽しむ」というのも一つの賢い選択です。

 

大切な日を家で過ごす人にとっては、おいしいワインがあるとより素晴らしい時間に^^

そういう私も、ここ数年は家で飲むことが多いように思います。

 

 

 19年前のシャトーヌフ・デュ・パプ

このワインのヴィンテージ……2000年となっています。

抜栓したのは2019年12月でしたから、19年ものということになります。

ヴィンテージワインはあまり経験のない私ですが、

コルクも傷んでおらず普通のソムリエナイフで普通に抜栓できました。

 

 

とはいえ長年寝かせてあるため、オリはそれなりにあるもよう。

オリ下げのために、前日からビンを立てて保管していました。

そっと扱います。

 

ワインの香りや色には特に欠陥がなく、保存環境がよかったようです。

 

香りにはチェリーリキュールやブランデーのような熟成感があり、

乾燥イチジク、ドライフルーツなど若いワインにはない味わいがあります。

ローヌブレンドですから、ブドウ品種はグルナッシュやシラー。

タンニンはざらつきがなく、滑らかな口当たり。

赤ワインは熟成とともにタンニンが結合していき、それに伴って渋味が少なくなっていきます。

 

ローストビーフと合わせてちょうどいいボリューム感でした。

上品なチェリーリキュールの香りがするため、食後に楽しむのもありです。

チョコレートなどのスイーツが意外に合う。

 

 

値段が高い=おいしいワイン、良いワインとは限らないけれど、

ある程度の金額を出せば、一定以上のレベルのワインが入手できることは確かです。

(例外もまれにありますが。コルク汚染などはもう運が悪いとしか言えませんし……)

だからこそ、「今日は絶対おいしいワインが飲みたい!」と思ったら

いつもより奮発してみることをおすすめします。

 

そして、一緒にワインを選んでくれる店員さん(←重要)がいるような

しかるべきワインショップに行くことを強く推奨します。

好みや状況、合わせたい料理、そして予算を伝えたうえで

彼らが見繕ってくれるワインは、まず外れません。そこはプロを信じましょう。

 

ワイン選びで迷ったときに行きたくなるワインショップや

相談したくなる相手を見つけておくということが大切かもしれませんね。